ブログ一覧

病気の話。

ここ数年で起きた病気のこと。ネット検索して出てくるものもあれば、情報が薄いものもある。

私と同じ悩みや病気を持つ人で、情報が欲しいと思っている人はいるのだろうか。

必要ならばお伝えしていきたいという気持ちは常にありながら、病気のことなんて聞きたくないと思っている人も少なくないはず。

小さくていいから、なにか力になれることがあるのかな。やっぱり人それぞれだから、おせっかいは不要かな。

1+

319日目。お散歩しながら考える。

雨も止んだので近場をお散歩。1週間前はつぼみだったバラもすっかり大きく咲いていた。時間が過ぎるのは早いなあ。

退院からも1ヶ月。お粥や白身魚も飽きて、パンやチョコレートにも手を出している。そしていつも後悔。急性膵炎のときにはこんなに長引かなかったはずなのに。背中痛が起きるたびに、食事制限は永遠に終わらないのかとがっくりしてしまう。軽い吐き気やむかつきも日常。それでも欲望には繰り返し負けてしまう。
今日は腰痛も気になる。目的や楽しみが目の前にぶら下がっていないとこんなにも違うのか。足取りも重く、地面にめり込んでいくようで、一歩踏みしめるたびに腰へも響いてくる。
ずっと忙しく生き急いでいたことを後悔する。何をするにもせわしなく、常に焦っていた。こんなにゆっくり歩くことも、生活することもなかった。いつもストレスフルで、穏やかな時間を持つこともなかった。心が健康的な生活をしていたら、いろんな病にかかることもなかったんだろうか。もっと違う景色が見えていたんだろうか。思い通りにならない身体に歯がゆくなる。

0

316日目。揺れ。

この何日か、横になると地震のような揺れを感じる。テレビを見る。スマホを見る。なんにもない。自分だけが揺れている。かなり気持ち悪い。

横になっているときだけかと思っていたら、外でベンチに座っているときにもきた。
なんだろう。連休が終わるまでは病院も開いていない。明けたらすぐに外科が待っている。揺れだけでなく、便秘や吐き気など、不安なことが山積み。向き合って話せたらいいなと祈るばかり。
0

189日目。出会い。

昨日はなんとも言えないソワソワ感で眠ることも食べることもいい加減だった。見えない不安は一番厄介。起きる前の不安なんて無駄に等しい。頭ではわかってはいるものの、どうしても考えてしまう。

明けて今日。また新しい方との出会いがあった。初顔合わせなのにいきなりミーティングにアイデアフラッシュ。お互いに探りつつも、意気投合するまでに時間はかからなかった。有意義な時間を過ごせて感謝。
こうやってまた周りが目まぐるしく変わっていく。この1ヶ月は怒涛のよう。外に出れば何かが起こり、その都度環境や心境が変わっていく。心が追いつかないまま、自動的に服を何着も着替えているよう。
日々何が起きても、もう闇はこないと信じて、楽しい気持ちで落ち着いていよう。
0

188日目。焦りと悲しみ。

眠れなかった。久しぶりに眠れなかった。映画を見ていた。涙が溢れてきた。

少しの忙しさから離れたら、少しの不安と少しの寂しさがまとわりついてきた。ひとりで生きていることの喪失感と、ひとりで生きていくことの絶望感。慣れているはずなのに。食べたり吐いたりしていたのは虚しかったからだ。言いようのない悲しさが襲いかかり、何かを得たくて、それを忘れたくて、ただ食べ吐きを繰り返している。
お腹に痛みが走り、血尿を見て不安が募り、このままではいけないと、でももうのんびりしている時間はないと、焦りが噴き出す。
0

172日目。重い。

昨日はのんびりとしすぎたせいか、朝まで眠れず開き直ってぼーっとしていた。へんな夢を見始め出したら覚醒。そのまま整体へ。

痩せたいという話をしてみる。先生も最近スリム化してきたから何してるのかを聞いてみると、速攻「運動」。さらにこれまでは食べないようにしていたけれど、栄養を摂って食事に気をつけるように変えたとのこと。食べないだけだとすぐに太る体質を作ってしまうから、身体に必要なものをきっちり取り入れていく方がいいと。最近あちらこちらでよく聞く。そうなんだけど、なかなかうまくいかない。食べれば食べるだけ太るし定着する。やれることは結構やってきたんだけど。

身体がつらいと思考も止まる。よく太れと言われたけど、それは人が勝手に言うことであって、自分で納得してないとやはりストレスになる。いや、完全にストレスになった。洋服が着にくくなるだけではなく、内臓にも支障が出る。腰痛なども発症する。さらに摂食障害の私には生死を考えるほどの問題も発生する。負のスパイラルに完全に突入している。自分が太いからといって太れと何度も脅してきた薄っぺらい人の言葉を一瞬鵜呑みにしたばっかりに今年は失敗した。今年最大の失敗。太れば健康だなんてイコールではない。太ったままでいいと思っている人の気持ちはまだ理解できない。見た目も中身も怠惰に見える。
しかしこんなことに心を奪われている時間はない。やらねばいけないことは山ほどある。年越し前にはすっきりと調整しておきたい。
0

167日目。好きなこと。

昨日はお花のお稽古を終えて、招待されたコピーバンドのライブへ行った。

素人のライブなんて久しぶり。中高生の頃はよく行ってたけれど。いくつになっても好きなことがあるっていいなとつくづく思う。側から見てるとあまりにも自分の世界に入りすぎてて痛いな、寒いなと思うけれど、いい歳してはじけられるものがあるなんて羨ましくも思う。下手だろうと、ダサかろうと、自信に満ち溢れている。そこまで没頭できるものがあると幸せだろうな。
尊敬する先輩はくたばるまでにやりたいことをやると、会社を辞めてから世界中を旅して片っ端から実現している。めちゃくちゃかっこいい。いつも笑っている顔が印象的。この人のそばにいれたらといつも願う。
身体が動けば日本を制覇しよう。あと3県。お花はやっているけれど、仕事からの逃げ道として始めたことだし、それも20年近くもなると生活の一部だし。それに今からでもこれをしていると楽しいと思えることをもっと見つけたい。
0

166日目。潜在意識。

以前に参加したコーチング講習会の続きに行ってきた。今度は自分の潜在意識からのことばを受け取る。今の自分からどうやったら前へ進めるか、自分の未来はどうなっているか、家に帰ってもネガティブに戻らないようにするにはどうしたらいいか。これを今日の目標として自分のことばで答えを探り出していく。

絵を描いたり、想像したりしていくと、普段考えたこともないような自分の気持ちがどんどんあふれてくる。過去の苦しかったこと、今の辛さが顔を出してはぼろぼろに泣けてくる。それでも近い将来には幸せになって、素敵な時間を過ごして、いい最期を迎えている。すべて想像ができたから、具体的に描くことができたから、きっとそうなるんだと。考えるだけで幸せな気持ちになる。

終わってから、講師からご自身が断薬中に使っていた漢方や気をつけていたこと、効いたことなどを教えてもらう。とてもかわいがってくださることに心から感謝。
たった数時間だけれどもいろんな想いが交錯した濃い時間を過ごした。死にかけていたあの頃はなんだったんだろうと思えるほど。このまま前へと進みたい。
0

165日目。物忘れ。

少しだけしか食べていないのにまったく消化されないまま1日が終わり、お腹いっぱい状態で割とすんなり眠る。が、追われる逃げるというおかしな夢を見続けること3時間。逃げ切ったので吉夢ということにしておこう。そこから3時間ぐだぐだと過ごす。

ここ数日、誰かと会って話していながら思うこと。健忘症はまだ治っていない。嬉しくてついおしゃべりに夢中になっていると、ふと、あれって思うときがある。今何を話してたんだっけ。これから何を話そうとしてるんだっけ。

なぜか話しているうちに忘れてしまう。なんならその前のことも、もっと前のことも、次々と忘れていく。少しずつ消去されている。抜け落ちている。頭の中はどうなっているんだろう。嫌なことなら忘れてしまっていいんだけれども、会話の端々から消えて行くのは怖くてたまらない。おかしな会話になってやいないか、失礼なことになってないか、同じ会話を繰り返していないか。相手様に失礼。
意識を集中させていれば保てるのか。無駄な抵抗なのか。復活へ向けてまたつまづきの要素が増える。気持ちが待ったをかけているのか。
0

断薬から49日目。ブログ開始。

今日は整体の日。

ひとまずチャクラでカラダの流れをチェック。
今まで詰まりまくっていた第2から第5まではなんとかクリア。残りの第6と第7を流してもらい、背中と足の痛みもとる。やっぱり内臓が悪いな。
断薬34日目にやっとお散歩?外出?ができるようになってから、何度か歩いているところを先生に目撃されていたようで、「人間に近づいたねー」とお褒めの言葉をいただく。それでもまだまだ半分程度とのこと。ま、今までの辛さを考えたらはるかにマシかな。

とはいえココロの揺り戻しは異常にひどく、身近な人の言葉を聞いてもまっすぐに受け止められずイライラだけが増大し、ぐじゃぐじゃほろほろと泣いてしまう。消えてなくなりたい願望は相変わらず顔を出すし、まだまだポジティブになるには時間がかかりそう。
こんな時期には必ず大切な人に暴言を吐いてしまうという悪い癖も治さなければ、むやみやたらに人を傷つけまくってとんでもないことになる…。そして天涯孤独、ほんとにひとりぼっちになってしまう…。

今日は台風ということを言い訳にひきこもり。

明日は晴れるかな?
0

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル