メンタル崩壊。

朝から心配の連絡がいろいろとやってきた。職場の偉大な先生に、これまでの経緯をお伝えすると、これは完全にいじめだと。もちろん私だけじゃなく、いろんな方々がこれまでも被害を被ってきたから、期待の大きかった私が倒れることで連鎖的にチームが崩壊しそうなほどなんだとか。

そして、近日中に大きく動いてくださることになり、至極感謝。しかし、その結果次第で、この先の怖さ半分、安堵半分。さらにいじめが増大しそうな予感すらする。

こうして毎日みなさんの愛に触れ、ようやく感情を取り戻したと思ったら、途端に辛さが増大。ギリギリのところで意識をよそに向けていたのが一気にやってきたせいか、朝起きて泣きながら化粧をしてる始末。

休み中も誰かとLINEででも話していると不安は消えるものの、一人になると頭痛と動悸、皮膚がピリピリするので病院へ駆け込むことに。

事情を説明すると、自律神経が乱れているとのこと。原因を取り除かないと、薬をいくら飲んでも治らないとのこと。そりゃそうだ。とりあえず眠れるように、以前もらっていたミルタザピンは効きすぎたり、飲み続けなきゃいけないのもあり、今回はフルニトラゼパムを処方された。

今日から眠れるかな。

0

またもや救い。

私の席の真後ろに、とても穏やかな女性が座っている。真後ろなのにほぼ話したことがないくらい、他者と交わることが許されないほど、チームごとの溝があるから。

たまたま帰りに2人になったので、お話してみたら、見た目通りの穏やかな方で、つい1時間以上も話しこんでしまった。内容はもちろん社内の環境について。彼女もまた、お局たちに悩まされていたよう。人間関係についてひとしきり話しているうちに、彼女の背景も少し垣間見れ、実は元お寺さんに勤めていたことがわかった。

仏様に仕え、なおかつカウンセラーという、なんとも穏やかで、愛ある方。私は仕事ができるから、真後ろから見ててもいじめられていたこたに気づけなかったことに申し訳なく思われ、これからはどんどん言ってとあたたかい言葉をもらった。

話したこともないのにも関わらず、仕事ができると言われ、その意図が全くわからなかったけれど、お話を聞いているうちに、今までにいた人たち、辞めていった人たちが、どれほどおかしな人たちだったのかもよくわかった。とにかく普通じゃない人たちが集まってきてたみたい。そして、お局たちの意地悪さも。

私がきたことでやっと仕事も流れるようになり、落ち着いたと思った矢先だからこそ辞めて欲しくないし、けれど、劣悪な環境ゆえ、辞めていくのは止められないと。そんな彼女ですら、日々辞めようと思って過ごしているよう。

お局たちへの対処法、眠れないときに穏やかになる方法などを聞きつつ、何かあったら守るとまで言ってくださり、また愛を感じた日になった。

愛で包んでくれる人たちに日々守られていくことに、ほんとに感謝するしかない。いつまで続けられるかまるでわからないけれど、そんな人たちがいることをありがたく思う。

0

救いの手。

ギリギリの神経のところに、私を案じてくださる方々がお食事に誘ってくださった。

今にも壊れてしまいそうな、爆発してしまいそうなところに、愛の手をたくさん差し伸べてくださり、笑いごとでは済まされない劣悪な状態をなんとかするように動いてくださるとまで言っていただいた。

思わず、これまで抑えていた感情が一気に溢れ出す。

見ていてくださる方、理解してくださるお気持ちに、感謝しかない。

何かが変わるのが、それがいつになるか、どうなっていくのかはわからない。何かが変わる日まで耐えられるかどうかわからないけれど、今は優しさに甘えさせていただくことにする。

今日が終われば、明日はおやすみ。

とりあえずあと1日、踏ん張ってみる。

0

落ちすぎ。

休みなのに、やっぱり眠れなかった。

夜中から撮り溜めたテレビをひとしきり観ていると、サイキッカー友からLINE。

いろいろと忠告を受けているうちに、さらにドーンと落ちてしまった。気持ちがみるみる下降。どこまで落ちるんだろう。

不眠、早期覚醒、食欲不振と過食、動悸、朝方の不安などなど症状も増えてきた。鬱に逆戻りかも。

最近、いろんな人の言葉に振り回されすぎてるな。

しばらく塞いでいたら、ふと、私が不安に思っているのは、完璧にできなかった時のことを考えすぎるからなのでは、と思いはじめた。昔から完璧主義で、99点ではダメだと思いこみがち。100点じゃないと絶対にダメなんだと。

でも、80点でも良いんじゃないか。自分は自分でできることをすればいいんじゃないか。そう思えたら良しにしよう。できることはやるけれど、必要以上に無理する必要はない。それでいいんじゃないかと。

そうだ、そうだと思いながらも、どん底からは這い上がれていない。長期的に取り組まなければならない問題。キツイ。

0

洗礼後の洗礼。

お局たちの理不尽な洗礼を浴びた翌日、カチカチ上司から別の洗礼。この先2年のスケジュールを出され、絶対辞めないでねーと。信頼されてるのは嬉しいんだけど、非常に微妙。

愚痴も言えるようになった方たちにはエールをもらったり、支えてもらったり、もう辞めた方がいいのか、続けるべきなのか、混乱しまくった一日。

ただひたすら疲れた。

休みの日はストレスで食べまくり、仕事の日は食欲をなくす。毎日2時間ごとに起きてしまうし、とんでもない不健康な日々。

明日は休み。とりあえずぐっすり眠りたい。

0

お局のいびり。

さぁ、いよいよ始まった。上司がいないと、朝から小言が続く、続く。何をしたら満足するんだ、このオバハンたちは。入れ替わり、立ち代わり。ほんとに正解を教えてほしい。

やっぱ、オンナだらけの職場ってキツイなぁ。地味だとか、アピールが足りないとか、最後には田舎に帰れだもんなー。ここで何をしてるんだろうって、昼間っからずっと考えこんでしまった。

きっとここでは、誰に話しても同じなんだろうな。自分が壊れないようにするためには、どうしたらいいものか。

0

寝すぎ食べすぎ。

休日なのにいつもの時間に起きて、買い物に行って、たらふく食べて、昼寝して。

仕事の日はあまり食欲がないのに、休みになると、一日中食べてしまう。これもストレス発散なのか。

寒いから、暖房入れてぬくぬくしていると、おなかいっぱいなのも相まって、すぐにコテンと寝てしまう。2日間とも同じように過ごしてしまった。

眠れなかったことを思えば、いいことなのかもしれないけど、何もしない日を2日も過ごしてしまったことに、少し罪悪感。それに、どんどん太ってしまうことにも恐怖を覚える。お菓子ばっかり食べてしまっているから、ほんとによくない。

精神的に安定してきたら、少しは人間らしくなるだろうか。

0

変貌。

カチカチ上司が、ここのところ笑うようになった。私の前では、まあまあその傾向はあったものの、他の人とも笑顔で交流しているのを見て、こちらまで嬉しくなった。

それに、あれだけキチキチに仕事をしていたのに、時々ポカをやる姿さえ垣間見れ、つい「なんですかー?」と(優しく)指摘しても、あらあらという感じで笑ってごまかすようにもなった。

絶対に誰とも関わりを持たない人が、笑って話している姿は見ていて嬉しく(笑ってしまう)なる。

この調子。この調子。

0

笑うこと。

やるぞ、と決めてから、毎日声を出して笑うようにしている。すると、今まで静かだった周りの人たちも気軽に話しかけてくれるようになり、笑い声が絶えなくなった。

私のズボラさ、アホさ、冗談の多さ、声の大きさ、バカ笑いなども少しずつ浸透させているから、だいぶ生きやすくなってきたような気がする。

ミスもなくなり、逆に仕事を追うようになったこと、他の人にはできない仕事があることも大きい。

笑うこと。笑顔で答えること。前向きな発言。ビビりすぎないこと。考えすぎないこと。どれをとっても、とても大切なことだと、やっとわかってきた。

心が落ちているときはなかなか難しいけれど、小さなことでもいいから笑えるようになれば、明るい道が拓けてくると、今は思う。

0

水の流れ。

昨今の私の動きと良い感じをサイキッカー友だちに伝えると、

「内面が変われば水の流れが変わります。いい水の流れができているのが視えますよー。動き出したら勝手に水が連れてってくれるよー。

早くしたいと焦っちゃうと水の流れが変わります。無理に流れを変えようとせずにいると、自ずと水はだんだん太くなり、勢いを増し、素晴らしい景色の場所へと運んでくれることでしょう。」

とのお言葉。

いつも答えがすぐに欲しくなる私にブレーキをかけ、そっと背中を押してくれる。なんと心強いことか。

焦らないこと。少しでいいから、前を向くこと。心が折れ、ひきこもり、闇に自ら閉じこもっていた自分に言ってあげたい。そして、同じように悩んでいる人たちにも伝えたい。

0

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル